2014年9月10日

平成26年4~6月期のGDP下方修正

 今年4~6月期のGDP(国内総生産)の改定値が発表され、前回から下方修正。

 実質GDP成長率は前期比でマイナス1.8%、年率換算でマイナス7.1%。

 下方修正された理由にはいくつかあるのですが、法人企業統計で設備投資の項目が大幅にダウンしていることや、政府支出が大きくなかったことなどが挙げられています。

 今年7~9月期のGDPの結果を見て、来年の消費税増税の判断をするというのは、誰もが知っていることですが、今回のマイナス幅が大きかった分、7~9月期はプラス成長になると思われます。前期と違い公共事業の発注も影響してきますし。

 ただ、企業の設備投資は当分低迷することが予想されており、「大きく回復するか?」というと疑問が残ります。

 物価が上昇しているために実質的な賃金はマイナスで、個人消費が大きく伸びるとも考えづらい。

 日本の景気回復は当分思わしくない状況が続くように思えますが、消費税増税はおそらく来年に予定通り!?実行されることでしょう。

 日本の財政事情を考えるとやむを得ない決断だと思いますが、無駄な支出を抑えるのも政府の大きな役割であり、増税とともに支出削減も並行してやってもらいたいものです。

2014年9月 9日

バイナリ―オプションは投資なのか?

 つい数年前から出始めたバイナリ―オプション。

 FX専業業者やネット証券の一部で取り扱いを始めた商品で、数分後または数時間後の為替レートが、一定時刻の基準レートよりも高いか安いかを予想するというもの。

 同じように為替相場の予想をする「投資商品」としてFXがありますが、FXの場合は自由にポジションを決済することができます。

なので、たとえば円安に向かうと予想して円を売って外貨を買ったはいいが、実際には円高に向かった。このとき、為替差損を被るワケですが、ロスカットにならないレバレッジでポジションを持っていたなら、数ヶ月とか1~2年とかほったらかしにして円安になったとき、つまり為替差益が出た時に決済すれば結果的に利益につながります。

これに対してバイナリ―オプションは一定時刻が過ぎた時点で終了。

まるでサイコロの半か長かを予想しているようなもので、投資と言うよりギャンブルにしか見えないのは私だけでしょうか?

確かに為替チャートを見て、確率的に相場の上下を予想できるときもありますが、ほとんどの場合は予想できません。

だからこそ、ディーラーやエコノミストなどがテレビや雑誌で堂々と相場予想をするも外れるのです。

お金を一気に増やそうと考える、偽投資家が多いからこそ、こんな商品が出回るのでしょうが、証券会社やFX専業業者にも責任があると言えるでしょう。

だって、商品の性質を考えれば、どう考えたって投資じゃないんだから。バイナリ―オプションを「投資」と呼ぶなら、それは正当化するための言い訳ですよ。

予想が外れた場合、短期間で負ける回数、金額ともに大きすぎます。

利益を上げる勉強するにも難しすぎます。

やはり投資は、株式投資を基本として中長期的な相場展開を予想してFXをするのが一番良いような気がします。

2013年11月15日

クレジットカードへの投資

普通の人間だったら、クレジットカードなんか年会費無料でも十分と考えるでしょう。

よく利用するお店での優待特典なんかが付帯しているなら、年会費1000円台なら支払っているかもしれませんが、それを超える年会費はないのではないかと思います。

でも、仕事が順調で経済的なゆとりが出てきているなら、ゴールドカードへの入会を検討すべき。年会費が格安のではなく、1万円以上の年会費を支払うゴールド。

 

そんな高い年会費を支払ってまでクレジットカードなんか持てるか!

 

という方。

確かに、不要な特典や補償が付帯していると捉えられるかもしれません。しかし、ゴールドカードには、ホテルや飲食店等で利用できるお得な優待特典を付帯しているケースがほとんど。

対象となる宿泊先は、少々割高なケースが多いですが、普段利用しないワンランク上のホテルや飲食店で食事をすると、この時間・空間を実感するために自分は働いているんだ、そう感じる瞬間があります。つまり、ゴールドカードを持つだけではなく、そこに付帯されたサービス・特典を存分に使うくらい、プライベートでも「人生の楽しさ」を満喫するのです。

 

さらに、ゴールドカードは入口にしか過ぎず、目指すのはその上のプラチナカード。

プラチナカードは、年会費が割高ですが、その金額以上の優待特典・サービスを備えているケースが多く、高級ホテル、高級飲食店で使える優待特典が盛りだくさん。1回の食事に1万円以上の代金を支払う方は少ないでしょうし、出張先で1泊2万円を優に超えるホテルに宿泊することもないでしょう。

 

でも、こういうことをあえて経験することで、別の世界が見えてくる。違って目で自分を見つめ直すこともできたりします。

世の中、まだまだ上があることを実感し、そこを目指して自分も頑張らなきゃ!という感覚に浸ることができる。

クレジットカードへの投資は、単なる無駄遣いではなく、その先に待っているもの、自分が今まで知らなかった世界への入口に立たされ、その世界を覗くことでアイデアだったり、これから自分がどうすべきかなどを考えるきっかけを与える可能性があるのです。

ビジネスで成功を収める人は、仕事にがむしゃらでありながら、遊びもよく知っている。

人間性に厚みを持たせる意味でも、ぜひ、ゴールドカード以上のステータスカードに投資をしたいものです。

http://www.goldcard-web.com/

2010年12月 8日

Androidケータイの普及

今年は、スマートフォンが普及を広めた年でもありました。

iPhone4の登場に対し、日本の携帯電話各社はグーグルのOSを搭載したAndroidケータイ投入。来年は、Androidケータイがさらに広まっていくことと思われます。

 スマートフォンの大きな特徴は、自分が欲しいアプリをダウンロードし、携帯電話でありながらビジネスや遊びの道具として活用できる点です。体重管理や健康管理に役立つ医学系のアプリはもちろん、ビジネスツールやゲーム、ファイナンスなど、さまざまなアプリが市場に出回っています。アンドロイドでFXをされている方も少なく無いでしょう。FXのほかにも株式投資やマーケットニュースなどを閲覧するアイテムとして活用しているビジネスマンもいることでしょう。

 医学の分野においては、地域医療や一人暮らしのお年寄りなどでの有効活用が期待されます。ケータイを『電話をかける・うける手段』としてだけではなく、医師や看護師とお年寄りや病人とを結ぶアイテムとして、大きな可能性に向け、さらなるAndroidアプリの開発に力を注いで頂ければ、非常にありがたいのではないでしょうか?

2010年9月22日

ゴールドカードの教育

 ゴールドカードに関する知識って、ちょっとかけていると感じる今日この頃。理由は、年会費無料のクレジットカードが氾濫しているこの世の中にあるのかもしれない。

 そもそも、クレジットカードに年会費を投じるなんて、普通の人にはちょっと考えられない。

 でもゴールドカードを持つ人はそれなりの割合でいるわけで、ゴールドカードの持つ特典やメリットについての教育が必要なのかもしれません。

 そもそもゴールドカードは、一般的なクラシックカードと異なり、旅行傷害保険をはじめ、カードで購入した商品に対し年間300万~500万円の補償が付与されたショッピング保険や、航空機が遅延した際に宿泊費や交通費等を保証する航空機遅延保険など、さまざまな保障が付いています。加えて、空港ラウンジの無料利用や、健康・介護に関する相談を24時間承るゴールドデスクなど、サービス内容が厚い。

 これらに魅力を感じる方が、高額な年会費を支払ってでもゴールドカードを持つんですね。

 高いと感じる方がいる一方、これだけのサービスが付帯して一ヶ月千円足らずの料金で済むのなら安いもんだと感じる人もいるわけです。

 このように、ゴールドカードに関する正しい知識を与えるためにも、教育は必要なんで無いでしょうか?

2010年4月 9日

iPhoneでFXできる業者

モバイルでFXをされている方も少なくないでしょうが、外出先でFX取引をする機会が多いなら、iPhoneを買うのが最善じゃないかと思います。投資でコツコツと利益を上げるためには、ツールも大切です。そんなわけで、視認性がよく、機能性もモバイルより格段に上を行くiPhoneがツールとして最良の選択ではないのかと思うわけです。

auやソフトバンクからもスマートフォンは発売され始めたり、近い将来発売の予定があったりのようですが、iPhoneは携帯電話というよりも、道具としての使い勝手が非常に優れています。

FXに至っては、チャートが見やすいし、テクニカルツールも使えたりするFX業者もあるので、一度iPhoneで取引をしてしまうと、もう、モバイルでは取引する気にもなりません。

ただ、iPhone対応のFX業者が限られているのがちょっと難点で、今後の各FX業者の開発担当の方々には、いっそうの努力をしてもらいたいところです。

ちなみに、私がおすすめするiPhone対応のFX業者はサイバーエージェントFXとフォレックストレードの2社です。スペックはフォレックストレードのほうが断然優れているのですが、操作性はサイバーエージェントFXの方が優れていると感じます。

2010年3月10日

日経225先物取引の基礎知識その1

よく耳にする先物取引とは、「あらかじめ定められた期日に特定の商品を、現時点で決めた値段で売買することを約束する取引」のことを指します。株式の信用取引のように、ある一定額の証拠金を預けることによって、日経平均やTOPIXなどの株価指数を取引できる仕組みになっているんですね。

知らない人はあまりいないと思いますが、株価指数とは株式市場全体が上がったか下がったかを見る非常に分かりやすい指標です。株価指数をみることで株式市場の全体的な動きが把握できるため、投資の判断を行う上でとても重要な要素となっております。

楽天証券やマネックス証券などの証券会社では日経225mini・日経225先物やTOPIX先物などの株価指数先物が取引できます。

株価指数先物取引は、3月、6月、9月、12月の第2金曜日の前日を取引最終日として、その期間内において取引が行われます。

一般的に期日は満期日(SQ日)と言い、満期日が定められている月を"限月(げんげつ)"と言います。

今日はここまで!